SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト > スポンサー広告 > お名前.com デスクトップクラウド for FX> 24h稼働のために > お名前.com デスクトップクラウド for FX

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お名前.com デスクトップクラウド for FX

2014年01月18日(土)

EAでの自動売買を開始するには、下記が必要です。

 ①FXの口座
 ②Meta Trader
 ③EA
 ④Meta Traderを稼働させておくための環境

Meta Traderを稼働させておくのには当然パソコンが必要ですが、
下のようなリモートデスクトップ等のサービスを使うのが一般的です。

 --------------------------------------------
 リモートデスクトップとは・・・
 かなり噛み砕いて言うと、
 ネット上に自分のパソコンがもう一台持てるイメージ。
 どのパソコンからいつでも画面を確認できます。
 --------------------------------------------

カワセは下記のリモートデスクトップサービスを使っています。
ちょっとメリットを紹介していきましょう。




◎リスク面


24時間電源が落ちないフル稼働環境を装備しています。
ここは雷の多い日本です。
停電の可能性がある中でのパソコン24時間ONは、
自動売買停止のリスク以外の何物でもありませんね。



◎環境


使用するEAにもよるのですが、
Meta Traderはサクサク動いています。
メモリプランは、1GB,2GB,4GB,8GBから選べるのですが、
カワセは1GBプランで十分だと思います。
4つのMeta Traderを動かしているのですが、
使用メモリは600MB~800MBで推移しており、落ちたことは今までありません。
forFXプランでは最初からMT4がインストールされており、
EAがあればすぐに自動売買を開始できます。



◎サポート


プランにもよりますが、24時間365日電話サポートを受付けています。
メールによるサポートもありますので安心ですね。



◎アクセス


自分のパソコンだけではなく、
どのパソコンからもリモートデスクトップを確認できます。
また、iphoneなどのスマホやタブレット端末からも確認できるのも魅力ですね。
外出先でも、自動売買状況を逐一確認できます。



◎コスト


一般的なパソコンの消費電力は50W~150W程度と言われています。
仮に消費電力が100W,
電気代単価が 1kWh=25.19円(2014年1月・東京電力)とすると、

 100W×24時間×23日=55.2kWh
 55.2kWh×25.19円=1,390円/月

一方、お名前.com デスクトップクラウドは、
2年契約で1ヶ月あたり1,870円~です。



多少のコストはかかりますが、
上記のようなメリットがありますので
カワセはリモートデスクトップの使用を推奨しています。



スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。