SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト > スポンサー広告 > SCH-Trend system> SCH-Trend system > SCH-Trend system

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCH-Trend system

2014年07月29日(火)

私、カワセが提案するトレンドフォローEA、
SCH-Trend systemについて解説しますね。

このEAのコンセプト

このEAのコンセプトは極めて明確です。
それは、徹底したカーブフィットの排除にあります。

それを実現するための私の答えが、"トレンドに乗ること"です。
そして、そのためのロジックは徹底して、利大損小です。

"トレンドに乗ること"は極めてシンプルな思想ですが、
一般にそれを的確に実行するのは簡単ではありません。

しかし私の開発した"SCHサイン"は、
トレンドに長く乗ることを狙って設計されており、
大小ありますが、可能な限り多くのトレンドに乗ることを狙っています。

尚、この"SCHサイン"の有効性については、
SCHサインの有効性の記事で掘り下げて解説しております。


GBPJPYのスイングタイプEAです

・・・ということです。
私はポン円(GBPJPY)のスイングトレードがとにかく得意です。
ポン円(GBPJPY)はトレンドが出やすい通貨ペアだからです。

そして、私がスイングを選択する理由はスプレッドの影響からです。

トレードして、スプレッドを2pips持っていかれるとします。
+100pips取って2pips持っていかれるなら、その割合は2%ですが、
+10pip取って2pips持っていかれるとその割合は20%です。

「スプレッドが広くても良い」ということではありません。
1トレードあたりのスプレッド=ブローカーに払う手数料を少なくしたいから、
私はスイング主体でトレードしています。
そしてその考えをSCH-Trend systemに適用しています。

そのため当EAは、必ずGBPJPYの4時間足で稼働してください。


資金効率の考え方

当ブログでも何度かお話ししている内容です。
この考え方については、今後も変える予定はありません。

あなたがEAを評価する時、どのポイントを見てそれを行いますか?
プロフィットファクターですか?勝率ですか?ドローダウンですか?

私は投資金額に対する総獲得収益を見ます。

どれだけの金額をリスクに晒して、
その結果、どれだけの金額がリターンとして返ってくるのか?
そして、その上で最大ドローダウンを確認して来るべきリスクをチェックします。

この考え方の詳細については、下記の記事を確認下さい。
  どれだけフィルターを入れれば気が済むの?
  来るべきリスクを予測できない!

尚、SCH-Trend systemのバックテスト結果は下記の通りです。
 バックテスト期間=2007.1月~2014.2月
 運用Lot=0.3Lot固定
 初期資金=100万円
 獲得収益=601万円
 最大ドローダウン=47万円


100万円の資金が最悪、半分になっても良いリスクの取り方なら、
8年間で約7倍になる実力を持っています。しかも単利です。
自分で言うのも何ですが、
このレベルの資金増を見込めるEAを私は他に知りません。

因みにですが、プロフィットファクターは1.3以下、勝率なんて40%を下回っています(笑)


フォワードは?

あとは、フォワードの結果を見ていただくだけです。
ここまでお読みいただいているのも何かの縁ですが、
どうぞじっくりとご確認され、納得されてから導入を検討してくださいね。

尚、リリース前のフォワードテストはこちら↓↓で公開しています。



現在のフォワードについては、fx-onさんのページを見ていただくのが一番早いです(^_^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。