SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト > スポンサー広告 > -79pipsの負けでした。> SCHの発売前フォワード公開記事 > -79pipsの負けでした。

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-79pipsの負けでした。

2014年01月31日(金)

私のオリジナル手法:SCH-Trend systemについてです。

SCH-Trend system

前回ご案内した時は+150pipsの利確を行いました。
リアルタイム成績についてはmyfxbookで逐一確認できますが、
その後の推移について、一応報告しますね。

 1月29日(水) -20.1pips
 1月30日(木) +92.1pips
 1月30日(木) +145.2pips
 1月30日(木) +26.6pips
 1月31日(金) -79.0pips

公開後、順調に推移していましたが、
今日は-79pipsのマイナスとなってしまいました。
この3日間もトータルでは勝っているのですが、
さすがにメリットばっかり書くのも嫌なので、
デメリットも記載させていただきます。

当システムは、カワセが開発した完全オリジナルの
システマティック・トレード・システムになります。

その根底は利大損小になりますが、その幅が極端です
大きく勝つ時は300pips以上を優に獲れますが、
負けるときも結構派手で、100pips前後の負けもざらです。

「損小」と言っても、損切りの幅がそこそこ大きいのです。

なので、あまりに大きなロットで取引すると、
間違いなく口座資金は破綻します(^^ゞ

カワセは100万円0.5Lotで運用していますが、
7年間のバックテストの結果から算出されるMAXリスクを取っています。
要は、破綻しないギリギリの線のLot数です。

しかし、リスクと上手く付き合えば、
公開している口座のように、月利50%も十分可能なシステムです。
さすがに50%×12ヶ月=年利600%は不可能ですが、
長い目で見て利益を残す可能性が高いシステムです。

…おっと、、、結局メリットについて書いてしまっていますね。
連日お話ししていますが、現在の相場状況は、
SCH-Trend systemにとって大変旨みの大きい状態です。
現時点でデメリットを抽出するのはちょっと難しくて…。

今日は-79pipsという損切りを行いました。
因みに現在、+30pips程のポジションを保有中です。
リアルタイム成績についてはmyfxbookで確認下さい。

当システムの性格は、SCH-Trend system
紹介させていただきますね。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。