SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト > スポンサー広告 > SCH-Trend system 7月度の成績> SCH-Trend system > SCH-Trend system 7月度の成績

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCH-Trend system 7月度の成績

2015年08月01日(土)

今月もパッとした動きの少なかったポン円でした。
SCH-Trend systemの2015年7月度成績です。

SCH20150801.png


2015年7月度成績は、、、

 1万4553円の利益

 獲得pipsは+48.5pips

 月利+1.4%
 (100万円の資金が101.4万円に)

・・・となりました。


SCH-Trend system、2年目スタートの節目です。

これを期に、EAの成績集計方法を少し変更しようと思います。
それは、複数ブローカー結果の集計平均化です。

下記の集計結果をご覧下さい。

 bigboss         -32.7pips
 外為ファイネスト    +218.5pips
 Titan FX         +353.7pips
 FX Pro         -345pips
 AVG(平均)       +48.5pips



上記はいずれも2015年7月度の実際の運用成績です。
(バックテストではなく、リアル口座の結果です)

このように、各社でバラつきが見られるのですが、
特に、fx-on稼働中であるFX Proの悪さが顕著です。

実際のエントリーチャートを見ていると
確かにサインの出るタイミングが微妙に異なっており、
「今回発生した差異=FX Proはダメ」という結果を
結論付けられるものではございません。

要は、「FX-Proだけが良い」という、
逆の結果も十分にあり得た訳です。


ブローカー間の差異に対する明確な答えは示せません。
カバー先も異なればその数も異なり、配信レートが各社異なります。

しかし、
そのレート差が与える、
EAに対する影響の理論化は不可能だからです。

これに対し、
SCH-Trend systemの2年目は、
複数ブローカーでの結果合算報告に、
改めさせていただこうかと思っています。
(労力が半端なく、続くか分かりませんが・・・(^^ゞ)

稼働ブローカーについては、
今後、もう少し増やしていこうと思います!

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。