SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト > スポンサー広告 > BTR-DayTrade system 1月度の成績> BTR-DayTrade system > BTR-DayTrade system 1月度の成績

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BTR-DayTrade system 1月度の成績

2015年02月01日(日)

今月は散々な結果だったBTR-DayTrade systemについてです。

BTR-20150131-2.png

BTR-20150131.png

2015年1月度の収益は、

 -174,760円

 -583pips

 -17.5%の損失
(100万円が82.5万円に)

、、、となりました。

同じUSDJPYを扱う
『Ririy&Racco's Hippo』さんや『Color your life』さんも不調でしたが、
私の『BTR-DayTrade system』の被害も甚大なものでした。

テクニカル的な動きというより、
ファンダメンタルに支配された相場に翻弄され続けましたが、
その背景には、重大な指標発表が目白押しだったことが挙げられるでしょう。

下のチャートは1月後半のドル円チャートです。
その中での太線は、無残な負けトレードになります。

BTR-20150131-3.png

相場が行ったり来たりするレンジ相場なのも去る事ながら、
形成されつつあるトレンドの腰を折るような急転換相場にEAがついていけず、
相場の天井で買う、底値で売る、、、という往復ビンタ状態が続きました。

このBTR-DayTrade systemの根底には、
トレンドフォローロジックが組み込まれています。

例えば押し目で買うような逆張りロジックでは、
そこから反転せずにずるずると相場が下降。
ブレイクに近いタイミングでエントリーする順張りロジックでは、
一度も含み益状態にならずに損切りという状態もありました。

…これが値動きの少ないレンジ相場ならまだしも、
ある程度の値幅と勢いを持っていたのが、
今月の傷口を更に広げる要因になってしまったと分析します。

さて、この不調いつまで続くの?…という疑問が湧きますが、
それは本当に誰にも分かりません。

EAは確率論で動くものですので、
明日から調子が良くなるのか?春頃までずっとこの調子なのか?
先は見えませんが、この先の巻き返しを願い、
来月以降もポートフォリオの一つとして淡々と運用したいと思います。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。