SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト > スポンサー広告 > 2014年の総括 SCH-Trend system> SCH-Trend system > 2014年の総括 SCH-Trend system

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年の総括 SCH-Trend system

2014年12月29日(月)

年の瀬ですね、カワセ係長です。
私にとって2014年は、SCH-Trend systemが主役の1年だったと思います。

SCH-20141229.png

fx-onさんへのリリース後、
右肩上がりの収益推移で、月単位のマイナス月も発生せず

100万円の資金が178万円にまで増加しました。

また、私は投資資金に対する資金増加率を特に重要視します。
そんな中、fx-onさんの収益率ランキングにランクインしたのは、
私の自己目標の一つだったため、大きな喜びでした。

しかし、このEAは決して順風満帆な道のりだった訳ではありません。

リリース前フォワードを見られた方もいらっしゃるかと思いますが、
2014年2月~3月に大き目のドローダウンを喰らったのは大きな出来事でした。



両建てモード搭載前の調整段階ではございましたが、
30万円を超えるドローダウンと11連敗を喫したのです。
そして私はこの生の不調相場に対峙する事で、
その対応策を毎日検討・検証し続けました。

その結果、
多少の収益減を覚悟しながらも両建てモードを搭載する事を決定したのです。

その後、収益は再び右肩上がりになり、ドローダウンを完全に脱出。

この回復力と、両建てモードの安全設計を見る事で、
私のSCH-Trend systemに対する信頼は盤石のものとなり、
満を持してfx-onさんにリリースさせていただいたのです。

現在、大変好調に推移しているSCH-Trend systemですが、
またいつ何時、不調期が訪れるとも限りません。
しかし、2015年度もSCH-Trend systemに対する信頼感の基、
長期目線で運用していくスタンスを貫く予定です。

カーブフィッティングを極限まで低減したロジックが、
来年も収益を積んでくれることを期待して、
SCH-Trend systemの2014年総括とさせていただきます。

-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。