SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト > スポンサー広告 > White Bear -GOMAイクジット機能-> ForexWhiteBear > White Bear -GOMAイクジット機能-

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

White Bear -GOMAイクジット機能-

2014年01月22日(水)

EURUSDスキャルの最高峰:White Bearについて、
その中にあるGOMAイクジット機能を紹介しますね。

バージョンV3とgem-tradeのV1 Apex2のみに付いている機能です。
どのような機能か平たく言うと、
ポジションを持ったものの相場にリスクがあると判断すると
早めに決済して、大きなマイナス決済の危険性を逃れる機能です。

下のチャートをご覧ください。

goma5.png

1/6の21:10、赤色のポイントで買い方向にポジションを持ちました。
しかし、その後の相場は思惑とは逆に値を下げる方向に動いています。
GOMAクローズがなければ、水色のポイントで損切り決済となり、
-20.1pipsと大きめの損失となりました。
しかし、V3ではGOMAイクジットが働き、
黄色のポイントで-8.8pipsの損失で抑えることが出来ました。

このように、GOMAイクジットは損失が大きく膨らむ前に
相場から早期撤退できるメリットがあります。


しかし、メリットばかりとも言えません。
下のチャートをご覧ください。

goma6.png

12/30の21:40に買い方向にポジションを持ちました。
その後、4本後のローソク足で大き目の上ヒゲを出しているものの、
相場は上昇しきらずにGOMAイクジット機能が働き、
黄色ポイントで+2.3pipsの微小利確に終わっています。
しかし、その後最後までポジションを保有すると、
しっかりと相場は上昇に転じ、
MAX利確の6pipsを獲得を獲得しています。


このようにGOMAイクジット機能は、
リスクを抑えるために相場から早期撤退するため、
大きな損失を被らないで済む場合がある一方、
大丈夫なときも微小利確で決済してしまう場合があります。


表裏一体の機能で大変難しいイクジット機能ですが、
もう少し掘り下げて、また説明しますね。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。