SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブローカー間での成績差異

2015年08月07日(金)

私のEA:SCH-Trend systemですが、
ブローカー間で成績差異があることが改めて分かりました。

http://kawasemt4ea.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

私のEAに限った話ではありませんが、
ブローカーによって成績に差異が出る事…

これは自動売買EAの本質的な問題でしょう。

ブローカーや稼働環境によって、
レートに違いが出るのは避けられないリスクです。

レートが異なれば、
テクニカルの計算に差異が出ますからね。

結果として、EntryやExitに差異が出てしまいます。


で、これに対するリスクヘッジ方法は、
『複数のブローカーで運用すること』が、やはり一番有効です。


同じEAであっても、
更に複数のブローカーで分散して稼働する。


1つのブローカーに3Lotsではなく、
3つのブローカーに1Lot/1Lot/1Lot・・・

単純でありながら、確実なリスクヘッジ方法です。


ですが問題が1つ。

EAを購入いただいても、
原則として1つの口座でしか使えませんよね。

3つの口座でヘッジしたいからと言って、
3つも同じEAを買うのは大変です。

これに対し、
次の記事で1つの解を示します。

スポンサーサイト

GSP-FLOATING system 7月度の成績

2015年08月01日(土)

+150pipsの含み益を持って月持越しとなった、
GSP-FLOATING systemです。

GSP20150801.png


 -1万7795円の損失

 獲得pipsは-89pips

 月利-1.8%


・・・となりました。


GSPは本当に分かり易く、
トレンドの出ている時はしっかり利益を獲り、
トレンドの出ない時はさっぱりです。

GBPJPYsqH4.png

チャート前半にV字の急激なトレンドがありますよね。
この間でかなり稼ぎ、
その後の動きの少ない相場では連敗です。

現在、7/28に取ったLongポジションが、
+150pipsほどに利益を乗せています。

7/30にShort方向の両建てが入りましたが、
まだ放置状態ですね!

8月の閑散相場では注意が必要な、
GSP-FLOATING systemです。

SCH-Trend system 7月度の成績

2015年08月01日(土)

今月もパッとした動きの少なかったポン円でした。
SCH-Trend systemの2015年7月度成績です。

SCH20150801.png


2015年7月度成績は、、、

 1万4553円の利益

 獲得pipsは+48.5pips

 月利+1.4%
 (100万円の資金が101.4万円に)

・・・となりました。


SCH-Trend system、2年目スタートの節目です。

これを期に、EAの成績集計方法を少し変更しようと思います。
それは、複数ブローカー結果の集計平均化です。

下記の集計結果をご覧下さい。

 bigboss         -32.7pips
 外為ファイネスト    +218.5pips
 Titan FX         +353.7pips
 FX Pro         -345pips
 AVG(平均)       +48.5pips



上記はいずれも2015年7月度の実際の運用成績です。
(バックテストではなく、リアル口座の結果です)

このように、各社でバラつきが見られるのですが、
特に、fx-on稼働中であるFX Proの悪さが顕著です。

実際のエントリーチャートを見ていると
確かにサインの出るタイミングが微妙に異なっており、
「今回発生した差異=FX Proはダメ」という結果を
結論付けられるものではございません。

要は、「FX-Proだけが良い」という、
逆の結果も十分にあり得た訳です。


ブローカー間の差異に対する明確な答えは示せません。
カバー先も異なればその数も異なり、配信レートが各社異なります。

しかし、
そのレート差が与える、
EAに対する影響の理論化は不可能だからです。

これに対し、
SCH-Trend systemの2年目は、
複数ブローカーでの結果合算報告に、
改めさせていただこうかと思っています。
(労力が半端なく、続くか分かりませんが・・・(^^ゞ)

稼働ブローカーについては、
今後、もう少し増やしていこうと思います!

 SCH-Trend system


 究極トレンドフォローEA
       …ついに完成!
  このEAの特徴
  フォワードの実績
  SCHサインの有効性
  +800pips獲得したカラクリ

 GSP-FLOATING system


 2種の異なるトレンドフォロー
     ロジックを同梱搭載
  このEAの特徴
  フォワードの実績
 ------------------------------
  いつやるの!?
   ↓↓↓↓
  「今」が来ました。
   ↓↓↓↓
  効率的に止めました。

 Bigboss

pepperstone撤退後、
徐々に使い始めています。


 Final Cash Back

カワセの口座、半数コレです。
  解説はコチラ

 稼働のための環境

お持ちですか?24時間の環境を。
  解説はコチラ
 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。