SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCH-Trend system 5月度の成績

2015年05月30日(土)

トレンド発生により、
利益を積み増ししてくれた
5月度のSCH-Trend systemです。

SCH_20150529-1.png

SCH_20150529-2.png

2015年5月度成績は、、、

 10万3295円の利益

 獲得pipsは+344pips

 月利+10.3%
 (100万円の資金が110.3万円に)

・・・となりました。

GSP-FLOATING systemは、
トレンド後乗りロジックが上手く機能していませんでしたが、
SCH-Trend systemは、
トレンドの初動を捕まえてくれるロジックのため、
損切りを挟みながらも利益を積み増ししてくれた印象です。

さて、ポン円チャートをもう一度確認です。

SCH_20150530.png

5月中旬の記事で190.00円超え時期を予告した5/28と5/29
190円超えを何度もトライしましたが、
結局は、まだ超え切ることはまだ出来ていません。

その一方で、下落に転じるかと言えばそうでもなく、
前回の記事で引いた188.60円のライン
支持線として機能しているのが確認できます。

今後ですが、
長期的には1ヶ月半続いてきた上昇トレンドに主眼を置くべきですが、
先週末に190円を超え切ることが出来なかった事実が重視され、
来週、この近辺でのレンジ化になってしまい、
ニュース等によるブレイク待ちという状況も想定です。

セオリー通りに行けば、『少し待ち』なのですが、
EAはそんな訳にもいきませんので淡々と見守るのみですね^^

-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system(FXTFタイアップ)↓

FXTF×SCH-Trendsystemタイアップキャンペーン

-----------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

GSP-FLOATING system 5月度の成績

2015年05月30日(土)

大きく負けることもありませんが、
ガッツリ勝ちきることも出来なかった、
今月のGSP-FLOATING systemです。

GSP_20150529-2.png

GSP_20150529-1.png


 -1万7598円の損失

 獲得pipsは-88pips

 月利-1.8%
 (100万円の資金が98.2万円に)

・・・となりました。


5月のポン円はかなり大きな上昇トレンドがあったが、
何故、うまく機能することが出来なかったのか?

原因は種々ありますが、
その順張りのロジックが、トレンドへの乗り遅れに繋がったためでしょう。

GSP_20150530.png

白色線より右側が21015年5月のポン円チャートです。

全体的に右肩上がりの上昇トレンドであることは視認できますが、
その上昇の流れを作り出しているのは、
水色☆マークのような、大きな陽線ローソク足です。

これがいきなり発生するために、
「後乗りで追従→あまり利益が伸びずに決済」
・・・を繰り返しているような印象でした。

『ハマり所を、来月以降も探りながら』ですね。

-----------------------------------------------------------------------
GSP-FLOATING system
カワセ係長が提案する第2のトレンドフォロー・スイングEAです。
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------------

いよいよ190円台へ

2015年05月27日(水)

いよいよですね。

4月中頃から見ると15円の上昇を見せ、
ポン円が190円を試しに来ました。
現在、一度超えて少し戻しています。

SCH_20150527-1.png


【4/21の記事・・・178.2円ほど】
ポン円が1週間で3円近く上昇したため、
少し急かと思いつつも赤色のトレンドラインを一本引きました。
あと、水色:179.29円の抵抗線も引きました。
http://kawasemt4ea.blog.fc2.com/blog-entry-182.html

【5/1記事・・・183.5円ほど】
水色の抵抗線を一気に超え、支持線への転換を確認。
赤色トレンドラインが確実に意識され、上昇トレンド形成を視認。
この時点で、目指す所は185.00円及び190.00円と予告させていただきました。
http://kawasemt4ea.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

【5/18記事・・・187.6円ほど】
ファンダ的な影響もあり、184.50円で手前で押し返されますが、
1週間ほどで、一段階目の185.00円を一気に超えます。
前に押し返された184.50円を、逆に支持線として捉え、
一気に上昇トレンドを加速させます。
http://kawasemt4ea.blog.fc2.com/blog-entry-186.html
この日の記事の末文で、
190.00円トライは「来週末がポイント」と予告させていただきました。

【5/27本日・・・189.6円ほど】
そして、明日と明後日が、その『来週末』です。
もう一度チャートを見ましょう。

SCH_20150527-3.png

実は先週にも一度190.00円をトライしに来ましたが、ちょっと時期が早すぎました。
簡単に押し返されてしまいましたね。

そして本日、一時的ではありますが念願(?)の190.00円を超えたのです。

赤色のトレンドラインは既に形骸化していますが、
ここは明らかな上昇相場です。

少し強気ですが、青色、黄緑、そして強めの黄色と、
今回、3本の上昇ラインを追加しました。
一応、188.60円にも水平線を追加しましたが、
圧倒的に強いの、やはり190.00円です。

明日及び明後日で190.00円を一気に超えた場合、
その近辺に並んでいるであろうS/L買やドル円の上昇基調にも引っ張られ、
この上昇トレンドをさらに加速させるシナリオも出てきますね。

我々個人投資家は、静かに静観するのみです。

SCH-Trend systemの誤差要因

2015年05月21日(木)

私の開発したシステムトレード:
SCH-Trend systemのユーザー様は300名様を超えております。

そこで最近気になりますのが、
『ブローカーによって挙動が違う』・・・とのご報告です。

この件について、
現時点での開発者としての見解を
以下に述べさせていただきます。

SCH-Trend systemはスイング系ですが、
そのサインの出方はプライスアクション系にカテゴリされます。

例えば
過去10本の高値を超えたら買い、、、等のルールです。
(例えば、です。実際の売買ルールは異なります)

その値を0.1pipsでも超えれば買いでエントリーされますが、
同値、もしくは0.1pipsでも下回れば、
エントリーは次以降の足での判断に持ち越されます。

一方、当該EAの動作は4時間ごとです。

スキャルEAを想像してみましょう。
エントリーが次の足に見送りになっても、
5分後でしたら、その間に動くpipsは僅かです。

一方でSCH-Trend systemは、
4時間ごと稼働のEAですので、
エントリー条件が僅かに揃わず、4時間後に見送りになった場合、
4時間の間にかなりのpipsが動くことになります。

EAはブローカーや利用サーバーによって、
挙動が異なるのは防ぎようのない事柄ですが、
こと、SCH-Trend systemについては、
4時間ごと稼働のため、その差が大きくなっていると推察されます。

これに対する開発者としての見解ですが、
短期的に見るとポジショニングに差異が出る局面がありますが、
EAの根底としては、相場の大きな流れを獲りに行くロジックですので、
長期的にはその収益差は小さくなっていくと考えています。

しかし、SCH-Trend system解説書でも述べましたように、
ブローカーによる誤差要因が存在するのも事実です。

これら総括的な誤差要因につきましては、
今後、データを蓄積していこうと思います。
(何らかの方法で協力者を募ることもあるかと思いますが、
 その歳は宜しくお願い致します)

複数のラインが意識されています。

2015年05月18日(月)

ポンド円はこの所、急激な上昇基調を見せています。

わずか1ヶ月ほどでの10円を超える値動きは、
『これぞポン円!』・・・と久々に思わせてくれますね^^

さて、下記チャートのラインは、
全て1ヶ月前に引いたラインです。

SCH_20150518-1.png


今までの動きを確認しましょう。

4月に意識されていた179.29円の抵抗線を一気に超え、
180.00円の大台に乗せることで上昇トレンドを加速させます。
(詳細は、5月1日の記事にてご確認下さい)

5月1日の記事で、
一つの目安になるだろうと書いておりました、
185.00円を一気に狙いにいくかに見えましたが、
50pips手前で押し返され、
一時、赤色のトレンドラインを割り込みます。

しかし、181.5円~182.0円あたりでもみ合い、
その後、再び上昇基調に転じます。
一度押し返された184.50円、そして185.00円を超え、
一時188円中頃をつけました。

ここにはファンダ的な上向きの力もあったでしょうが、
ここで事後的に2つのピンクラインを追加で引くことができます。

SCH_20150518-2.png

いずれも跳ね返りのきっかけとなった、
184.50円と181.00円です。

4月中旬に赤色トレンドラインを引いたときは、
『ちょっと急すぎるかな?』・・・っと思っていましたが、
これほどの上昇ベクトルが強くなると、
そのトレンドラインは一気に意識されます。

しかも、
一度割ってしまい死んだかに見えた赤色トレンドラインは、
ちょっとイレギュラーですが、
現時点でも再び意識されているようにも見えます。

まぁ、さすがに4月中旬に作った赤色ラインを意識し続けるのは、
誤差も生じてきますので無理がありますが・・・(^^ゞ

そこで、
もうちょっと緩やかなトレンドラインを引き直すこともできますが、
すみません、ここはちょっと様子見させて下さい。

この後ですが、
やはり目指すところは190.00円。

その時期につきましては、
来週末あたりが一つのポイントになりそうです。

-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system(FXTFタイアップ)↓

FXTF×SCH-Trendsystemタイアップキャンペーン

-----------------------------------------------------------------

小生の発言に関するお詫び

2015年05月11日(月)

ブログ来訪者の方、
 及び小生の開発したEAをご利用の全ての皆様へ。

いつも大変お世話になり、ありがとうございます。
カワセ係長でございます。
本日は首記の件についてお詫び文を掲載させていただきます。

発言の内容については、下記でございます。
『EAは所詮ツールに過ぎませんので、・・・』
(SCH-Trend systemのコミュニティにおいて)

SCH_20150510_20150511215224253.png

本発言について、
『FXシステムトレードブログ.com』運営者のkawasumi様より、
同ブログ上にてご指摘をいただきました。

このような稚拙な発言をしてしまったこと、
本当に申し訳ございませんでした。
皆様方に心よりお詫び申し上げます。

順を追って説明するために、
小生が『所詮ツール』と申した経緯について、
簡略に説明させていただきます。

私はFXは勝てると思っています。
これは紛れもない事実でございます。

そして、システムトレード(EA)でも十分勝てますが、
裁量トレードはもっと勝てます。
これも事実です。

この、「裁量トレードはもっと勝てる」
…という小生だけの主観が、
『EAは所詮ツール』・・・という発言に繋がってしまいました。

しかしこれは、
ユーザー様の実際の状況や配慮に欠けた、
本当に無責任な発言でした。

誠に申し訳ございませんでした。

多くのユーザー様は裁量を入れたり等の使い方をされませんよね。
そして、その事に気付かせてくれましたkawasumi様には感謝致しております。

今回の一件は、
小生にとってはEAは「ツール」でも、
お客様にとっては大事な投資商品
・・・その事を改めて気付かせてくれました。

多くのお客様にとって小生の信頼は地に落ちたかと思いますが、
今後、徐々にでもその信頼を回復していきたい所存でございます。

長くなりましたが、
今回の発言につきまして改めてお詫び申し上げます。

本当にすみませんでした。

敬具

SCH-Trend system 4月度の成績

2015年05月01日(金)

3月は負け越してしまったSCH-Trend system。

今月は難しい相場もありましたが、
カーブフィットを低減したそのロジックが利益を残してくれました。
SCH-Trend systemの4月度成績です。

SCH-20150430-2.png

SCH-20150430-3.png

 1万4799円の利益

 獲得pipsは+49pips

 月利+1.5%
 (100万円の資金が101.5万円に)

・・・となりました。


月の前半はどっちつかず相場で、
ふらふらとしていたのですが、
4月後半からその状況が一変します。

一方的なトレンド相場の発生です。

SCH-20150430.png

赤色のトレンドラインと、水色と黄色の抵抗線。
全て10日前に引いたラインです。

赤色のトレンドラインに沿って、
綺麗に上昇相場が形成されているのが分かりますね。

まずは、4月22日の8時の足で、
水色の抵抗線を一気に突き抜けます。

その直後、紫色チェックマークで、
水色線を支持線と意識した押し目を確認。

一気に上昇トレンドを加速させます。

ここまで綺麗な上昇相場になると、
暴れん坊のGSP君はめっぽう強いのですが、
残念なことにSCH-Trend systemは、
この紫チェックの陰線を下落トレンドの始りと誤認します。

結果、変なタイミングでショートを取り、
この上昇トレンドを生かしきることが出来ませんでした。

"相場の転換点を意識する"ロジックが少し裏目に出ましたね。
これは"指値無効モード"でも防ぐことは出来ませんでした。

尚、この後の展開ですが、
当面は赤色の上昇トレンドラインが意識されます。

また、今後とりあえずの目安になるポイントは、
上記チャートでも確認できるように185.00円のオレンジライン。

仮にそのラインを一気に超えた場合は、
2014年12月初旬の高値水準=190.00円を試しにいくでしょう。

-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system(FXTFタイアップ)↓

FXTF×SCH-Trendsystemタイアップキャンペーン

-----------------------------------------------------------------

GSP-FLOATING system 4月度の成績

2015年05月01日(金)

ブログ更新、休みすぎのわたくし…。
「生きてるの?」なんてメッセージもいただきました(笑)
大丈夫です^^ ちゃんと生きています。

それでは、私の排出した暴れん坊:
GSP-FLOATING system君の4月度成績です。

GSP-20150430-2.png

GSP-20150430-1.png


 -1万5236円の損失

 獲得pipsは-76pips

 月利-1.5%
 (100万円の資金が98.5万円に)

・・・となりました。

今月は何とか勝ちたい所でしたが、
月前半の、どっちつかず相場が痛かったです。

SCH-20150430.png

ですが、月の後半になりその状況は一変します。

上記のチャートの赤色のトレンドラインに沿って
綺麗に上昇相場が形成されていますね。
(因みにこのラインは、10日前に引いたラインです)

ここまで綺麗に相場が形成されるとGSPはめっぽう強いです。

要所で損切りを挟みつつも、
がっつりトレンドから利益を獲得してくれました。

特に、SCHで獲れなかった後半トレンドを
獲れたのは大きかったと思います。

現在も、SCHはショートポジション、
GSPはトレンドに従ってロングを持っているのが面白い所です。

勝率が低い分、
負けるときは激しいですし、
今月で3ヶ月連続の負け越し中ですが、
GSP君は個人的に結構好きなんですよね~(^^ゞ

-----------------------------------------------------------------------
GSP-FLOATING system
カワセ係長が提案する第2のトレンドフォロー・スイングEAです。
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------------

 SCH-Trend system


 究極トレンドフォローEA
       …ついに完成!
  このEAの特徴
  フォワードの実績
  SCHサインの有効性
  +800pips獲得したカラクリ

 GSP-FLOATING system


 2種の異なるトレンドフォロー
     ロジックを同梱搭載
  このEAの特徴
  フォワードの実績
 ------------------------------
  いつやるの!?
   ↓↓↓↓
  「今」が来ました。
   ↓↓↓↓
  効率的に止めました。

 Bigboss

pepperstone撤退後、
徐々に使い始めています。


 Final Cash Back

カワセの口座、半数コレです。
  解説はコチラ

 稼働のための環境

お持ちですか?24時間の環境を。
  解説はコチラ
 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。