SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fx-onさんのシステムトレードランキングについて

2014年10月27日(月)

私事なのですが、先週土曜日にfx-onの早川代表にお会いしました。

fx-onはご存知のように、EAやインジの販売が主流となっていますが、
それに留まらずにFX業界やその周辺業界までを広い目で見渡しておられ、
私自身、大きな刺激を受けさせていただきました。

また、何よりユーザーさんを第一に考えるその姿勢は素晴らしく感動すら覚えました
『ユーザーさんにとって、もっともっと良いfx-onに』
そんな気持ちがひしひしと伝わってきましたね(^_^)
私も早川さんを見習って、今後も頑張っていこうと思います!!!

さて、そんな会話の中で、
「1ユーザーとしてfx-onのサイトに改善点は無いか?」ヒアリングがありました。
(私は開発者ですが、それ以前に1人のユーザーですので(^^ゞ)

そこで大変身に余る思いながら、下記を指摘させていただきました。

「EA成績の収益率を公平にしていただけないか?」

具体的には下の絵の左の%表示です。
SCH-20141013.png

1位の方は、1,264.0%という何だか凄い収益率です。
一見すると、100万円の資金が1,364万円まで増えたのかと思ってしまいますが、
この比率は証拠金に対する増加率であり、実際に1千万円増えた訳ではありません。
そして、証券会社ごとにレバレッジも証拠金もマチマチです。

要約すると、この「収益率」ランキングは、
EAがフォワードを走らせている証券会社ごとに有利不利がありました。

そこで、近日中にこの「収益率」ランキングは、

全てのEAがレバレッジ25倍基準

にしていただけるそうです。

これは、私がEA開発者になる以前からずっと思っていた事であり、
実際に採用となれば、この上なく嬉しいですね(^_^)

さて、明日からも頑張ります!!
-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------------
GSP-FLOATING system
約2400トレードで670%の利益、最大ドローダウンは7.11%
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

やはり転換点となりそうです。

2014年10月26日(日)

こんばんは。カワセ係長です。
私のEA:「SCH-Trend system」の10月最終週の展望です。

前回の記事で、
『先ほどの陽線は一つの大きな転換点になりそうな動きであり、
私自身にとっても、判断を迷わせる展開になってきました。』
・・・と申しておりましたが、その通りの展開になってきそうです。

sch-20141026.png

上記は1時間足なのですが、青チェックの位置が
前回の記事で、「転換点になりえる」と言っていたポイントです。

赤線のような綺麗な上昇トレンドラインが引けますよね。

この転換点で取得した買いポジションが+180pipsほどを獲得し、
最近のスッキリしない連敗分を取り戻してくれました(^_^)

現在はfx-onさんのフォワードでは両建て状態です。
明日からはこのトレンドを引き継ぐのか一転して割るのか…?
どちらにしても、重要なラインになってきそうです。

一方で、ECBがユーロ圏の25銀行にストレステスト不合格の判定を下しました。
この結果も大きく動く材料になり得るのは間違いなさそうですね。

-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------

気迷い状態ですね・・・

2014年10月22日(水)

こんばんは。カワセ係長です。
SCH-Trend systemは、月初の好調から転じてドローダウン中です。

sch-20141022.png

下落トレンド→上昇トレンドの後の、
緩やかな下落のようなレンジ相場・・・。
現在の相場付はSCH-Trend systemにとっては苦手な相場付きと言えます。

特に、つい先ほどの1円以上の陰線→0.7円の戻し陽線は、
当システムにとっては一たまりもありません。

昨日までは、レンジ相場を形成しつつも下落と読んでいたのですが、
先ほどの陽線は一つの大きな転換点になりそうな動きであり、
私自身にとっても、判断を迷わせる展開になってきました。

…と言っても、SCH-Trend systemは完全自動売買システムです。
EAが淡々とトレードを続けるだけであり、
レンジ相場から一転して大きなトレンド発生という局面も度々獲ってきましたので、
少しのドローダウンくらいでは止めない事が肝要となります。

-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------

尚、こういうドローダウン中に重要となるのは、ポートフォリオEAの存在です。
先ほど「BTR-DayTrade system」をfx-onさんに登録しましたので、
審査に通る事を祈るばかりです(^_^)

それでは、静かに相場の行く末を見守りましょう!

開発中-DayTrade systemのリリース手続きに入ります。

2014年10月20日(月)

今日は簡単なご報告です。

2ヶ月ほどの公開フォワードテストを行ってきた、

『開発中-DayTrade system』ですが、

これよりfx-onさんでのリリース手続きに入ります。



リリースに踏み切ることができる理由を下記に明記します。

 ・現時点で+7.07%の利益。開発時に想定した利益を獲得できた。
 ・2ヶ月の間に-9%近くのドローダウンを経験することができた。
  そのドローダウンから本日、完全に復帰することが出来た。
 ・-120pipsのフル損切りを行いつつも、
  そこから数回(今回は3回)の利確で復帰することを確認できた。
 ・勝率が想定している70%に近づいてきている。
 ・10月初旬の考察で実施したシステムの入替えが、
  目論見通りに良い結果を生んでいる。

特に、ドローダウン経験や-120pipsフル損切りを行えたのは、
リリース前の開発者にとっては、非常に有益なフォワードでした。
こんなに良い、悪い相場(?)に早々に対峙することができて、
開発者としては大変に運が良かったさえ感じています(^_^)

尚、今週いっぱいをメドに公開フォワード口座を停止します。
(リリース前チェックという意味の目的を果たしたためです)

気になる(?)EA名は、、、

『BTR-DayTrade system』です。

どうぞ、ご期待下さいm(_ _)m

3ヶ月で実現損益ランキングに入りました。

2014年10月15日(水)

こんばんは、カワセ係長です。
SCH-Trend systemの獲得収益が40万円を突破してきました。

そしてその結果、、、

fx-onさんの実現損益ランキングで4位に入りました(^_^v

SCH-20141013.png

上記ランキングは"6ヶ月ランキング"なのですが、
僅か3ヶ月半の運用でランクインさせていただきました。
並み居る強豪トレーダーさん達の中で、この結果は大変嬉しいですね(^_^)

SCH-Trend systemの今回のこの結果は、
投資をする上で私が特に重要視しております、
"限られた投資資金で大きな収益を得る"というポイントを体現しています。

シンプルに言うと、

『結局の所、お金がいくら増えたの?』

・・・コレに尽きます。

その答えとして、
SCH-Trend systemはこの3ヶ月半で、
100万円の初期資金を140万5960円まで増やしました。


現在は、優秀なEAに追い越されてランキングが下がっちゃってますが、

今後も、"実現損益"=『いくら増えたの?』

このランキングにはこだわっていきたいと思いますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------

オリジナルEAポートフォリオ 9月度の成績

2014年10月10日(金)

遅くなりました・・・m(_ _)m
カワセが開発したEAのみで運用しているMT4口座について、
9月度の収益を報告させていただきます。

MT4-140930-1.png

MT4-140930-4.png

9月度は
開発中のUSDJPYシステムは不調でしたが、
SCH-Trend systemとGSP-FLOATING systemの好調さに牽引され、

+32,346ドルのプラス
(初期資金比+32.3%利益)


となりました(^_^)

  SCH-Trend systemの9月度成績はコチラ
  GSP-FLOATING systemの9月度成績はコチラ
  開発中システムの9月度成績はコチラ

1つのシステムは不調でしたが、
上手くポートフォリオ効果を構築してくれています。

また、大変嬉しいことに、
月間MT4ランキングで1位になりました。

MT4-140930-3.png

細かい算出方法は分かりませんが、
資金に対する増加割合みたいなランキングだと思いますので、
割と公平なランキングの中での1位だと思います。
(例えば、口座資金が1億円あっても1位にはなれない)

並み居る優秀トレーダーさんの中でこの結果は大変嬉しいですね(^_^v
今月も頑張りますよ!

現時点の成績はコチラになります↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


SCH-Trend system 9月度の成績

2014年10月05日(日)

発売前の6ヶ月間公開フォワードテストでも、
fx-onさんへの登録発売後フォワードでも、
好調を維持している「SCH-trend system」です。

SCH-20141005.png

9月度の収益は、
 \232,170円(100万円スタート)
 月利23.2%
 獲得pips=+774pips

と、大きな収益を獲得する結果となりました。

一番の勝因は、やはりGBPJPYに大きな流れが発生したことでしょう。
sch-20141005-4.png

伊達に「SCH-Trend system」なんて名前をつけていません。
EAの設計上、トレンドが発生したら、ほぼ確実に取りに行きます。

チャートの赤線(売り)、青線(買い)、青線(買い)で、

+350pips、+330pips、+400pips

の大きな利確を達成しました。



さて、当EAは完全なる「利大損小・スイング・トレンドフォロー」システムです。
トレンドを狙いに行くので、一般論から言えば不得意な相場は、、、

レンジ相場です。

もう一度、上のチャートを見ていただきたいのですが、
トレンド相場終了後は、一転してレンジ相場が続いています。


その前提で下の収益グラフを見ていただきたいのですが、
前述した、3つの大きな利確直後のレンジ相場において、
収益の減少幅はそれほど大きくありません↓↓↓

SCH140930-1.png

トレンドフォローEAにとっての最大の敵=レンジ相場に対し、
即座に適応するロジックが遺憾なく発揮されています。


これと言ったトレンドの出なかった7月、8月にも
しっかりと利益を残せた理由がここにあります。

そして、トレンドが出ればまたガッツリ取りに行く…!!

前述した9月度実績に計上していませんが、
10月2日に+340pipsの利確を行ったのも、
SCHサインの適応力による物です(^_^)

-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------

開発中system の考察

2014年10月03日(金)

昨日の記事で紹介しました、
「開発中-DayTrade system」についてのフィードバック詳細です。

ちょっと長い記事になるかもしれませんが、
「こんなことしてるのか~」程度で読んで頂ければ幸いです(^^ゞ

BTR-140930-2.png

とにかく負けが込んでしまった先月の相場ですが、
問題点とそれに対する対応,今後の考えについて切り込みます。


1、勝率が低かった
76%の勝率を誇るシステムが64%しか勝てていません。
フォワード後、勝率に誤差が出ることは十分に想定しなければいけませんが、
多くのEAの場合、
長期的に見れば勝率誤差は±5%内程度に収まります。

決済ロジック的には当EAもそれに漏れず、
最終的勝率誤差は僅かになると見込んでいます。

つまり現在は短期的に負けが込んでしまっている時期であり、
長期的に見れば最低でも70%レベルまで勝率は回復すると見ています。
下のバックテストからも見れますが、
平均勝ちトレードは10,227円(0.5Lot)です。

仮に現在の64%の勝率から70%まで勝率が回復すれば、
現在の収益に約+9万円を上乗せできる形になります。

フォワード後の平均取得pipsは想定の範囲内ですので、
今後の長期的運用により勝率が回復し、利益を積んでいくと見ています。

XXX-DayTrade_system_ver_0_57_20141002.png


2、負け方が良くない
今回のフォワードの中で一番気になった点です。

システムとして、負けトレードが来るのは当たり前です。
短期的に負けが込む時期も必ずあります。

ここで私が言いたいのは、
「あまり良くない状態の損失決済が、
50回近くのトレードの中で複数回散見された」

・・・という事です。

勿論、長期的な運用の中では十分に取り返せる損失決済なのですが、
総利益を少し落としてでも決済修正の余地があると考えました。

つきましては、エントリーロジックはそのままに、
決済ロジックの修正を実施します。


3、ロジックが現在の相場にフィットしなかった
これもある程度想定していた結果です。
得意な相場があれば苦手な相場がある、、、EAにとってはごく一般論です。

しかし、これに対する明確な対策についても既に準備してあります。
これは、初期段階から計画していたのですが、
「もう一つのEAによるポートフォリオ化」を本EAでは実施します。

分かり易く言うと、今回発売されるEAには、
「順張りシステム」と「逆張りシステム」を同梱実装します。

ポートフォリオ効果により、、、今までのこの収益グラフが、、、
XXX-20141002-1.jpg

このような収益グラフになります。(2014090~20141002)
XXX-20141002-2.jpg

性格の異なる2つのEAを並走させることにより、
ポートフォリオ効果の実現を図ります。


・・・以上、3つの考察と対応でした。
1箇条目の勝率については、「ロジックは悪くないので静観」、
2箇条目の悪い負け方については、「決済ロジックの微修正」、
3過剰目の現相場へのフィット感については、「ポートフォリオ化」。

以上、3本柱の修正により間もなくEAをリリースできると思います。

そもそもこのEAは、
「SCH-Trend system」や「GSP-FLOATING system」
に対するポートフォリオEAですので、
それらのEAが極めて好調だった9月度に、
良い成績を求めるというのが、少し無理のある話かもしれません。

下記のmyfxbook口座で改正したEAをもう少し走らせた後、
今秋のfx-onさんへの登録→リリースとさせていただきますね(^_^)




次の記事では好調を続けている私の自信作、
「SCH-Trend system」についての9月度報告です(^_^v

開発中-DayTrade system 9月度の成績

2014年10月02日(木)

9月度は調子の芳しくなかった開発中のEA:
「開発中-DayTrade system」についての報告です。



BTR-140930-2.png


9月度は6万4千円のマイナスで終わりました。

0.5Lot運用ですので、-128pipsです(>_<)

ドル円の激しい動きに翻弄された形ですね。

さて、このEAは幸いなことに現在開発中です。
ただ動かすだけではなく、開発者としは、

この結果からのフィードバックが必要です。

問題点を明確にし、それに対する対策・考えを既に固めています。

次の記事で、その内容について詳しく切り込ませていただきますね(^_^)
システムの開発は"負け"からの考察が最も重要なのです。

GSP-FLOATING system 9月度の成績

2014年10月01日(水)

カワセ第2のトレンドフォローEA:
GSP-FLOATING systemの9月度の成績です。

GSP140930-1.png
SCH-Trend systemの影に隠れていましたが、

9月度だけで18万7720円の利益をもたらしてくれました。

利率で言えば、18.7%のプラスです(初期資金100万円)。

GSP140930-2.png

大きな利益をもたらすきっかけとなったのは、
やはりスコットランド独立騒動直前の大きなトレンドでしょう。
トレンド方向に確実にポジションを取り、大きな利益を獲得してくれました。

ですが、投票直後は激しい(?)レンジ相場に見舞われ、
fx-onさんのフォワードでは、しっかりと連敗してくれています(^^ゞ

下のチャートの後半です。
これでもか!!(笑)というほどのレンジ相場ですね・・・

20141001-gbpjpyh4.png

歴史的投票直後という事で、トレンド再発生の可能性を考慮し、
レンジ相場形成後もしばらくEAを動かていましたが、

さすがに現在はEAを停止しています。

ですので、私の口座での負けは限定的でした。

GSP-20140930

上記のmyfxbookのカワセ運用では、

---------------------------------------------------------------
マイナスで終わった8月は完全にスルーし、
9月になって相場に勢いがでてきたらEAを動かし(20140905の記事)、
投票後のレンジ相場形成後にEAを停止。
---------------------------------------------------------------

というフローを辿り、

ほぼ良いトコどりでEAを動かせています(^_^v

何故こんな芸当が可能なのか?

それは、私がEA開発者というのも去ることながら、
EAを動かすタイミングが比較的図りやすく、
トレンドが出てからEAを動かすだけで効率的に利益を獲れるからです。

そういう意味では
「EAを止める勇気」を持った玄人仕様のEAとも言えます。

現在は、GSP-FLOATING systemを停止していますが、
またEAを動かしましたら、このサイトで独り言しますね(^_^)

-----------------------------------------------------------------------
GSP-FLOATING system
約2400トレードで670%の利益、最大ドローダウンは7.11%
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------------

 SCH-Trend system


 究極トレンドフォローEA
       …ついに完成!
  このEAの特徴
  フォワードの実績
  SCHサインの有効性
  +800pips獲得したカラクリ

 GSP-FLOATING system


 2種の異なるトレンドフォロー
     ロジックを同梱搭載
  このEAの特徴
  フォワードの実績
 ------------------------------
  いつやるの!?
   ↓↓↓↓
  「今」が来ました。
   ↓↓↓↓
  効率的に止めました。

 Bigboss

pepperstone撤退後、
徐々に使い始めています。


 Final Cash Back

カワセの口座、半数コレです。
  解説はコチラ

 稼働のための環境

お持ちですか?24時間の環境を。
  解説はコチラ
 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。