SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小幅な値動きが続いていますね。

2014年02月26日(水)

SCH-Trend systemについてです。

実績の推移はmyfxbookで確認できます。

SCH-Trend system
     ※リアルタイム成績は画像クリックで確認できます。

2月中頃に不調を喫し、現在もそのドローダウンを復帰できていません。
最近の値動きは小幅で大きな動きも無く、
当システムにとっては旨みの無い相場状況です。
ちょっと前のような大きく連敗する高リスク相場ではありませんので、
現在は、適宜にIN-OUTしながら様子を見ています。

今後、一方向にブレイクすれば勝算はあるのですが、
このまま今週の相場が終わったとすれば、2月は負け越しとなります。

最も、1月は大勝ちしていますし、長い目で見るべきスイングのシステムです。
今後も相場の様子を見ていきましょう。

1月の成績集計は、
1月は月利+52.41%でした。
で紹介しております。

fx-onへのランクインは、
fx-onにランクインしました。
で紹介しております。

当システムの含み損については、
含み損が膨らみません。
で紹介しております。

当システムの性格は、
SCH-Trend systemの詳細
で紹介しております。

当システムの概要は、
+400pipsを獲得しました。
で紹介しております。

当システムが負けた記事は、
-79pipsの負けでした。
や、
2連敗しました。
で紹介しております。

週をまたぐポジションについては、
現在も200pipsの利が乗っています。
で紹介しております。

---------------------------------------------

スポンサーサイト

5連敗中です。

2014年02月22日(土)

私のオリジナル手法:SCH-Trend systemについてです。

実績の推移はmyfxbookで確認できます。

SCH-Trend system
     ※リアルタイム成績は画像クリックで確認できます。

2月中頃より不調を喫しているSCH-Trend systemについてです。
本システムは利大損小を狙うシステムですので、
必然的に勝率は低く抑えられてしまいます。

また、現在のように負けが込んでいると「いつ勝てるのか?」
とヤキモキする精神状態になりますよね。

当システムはトレンド早乗りを狙いますので、ダマシは多いです。
ですが、ダマシの先には必ず大きなトレンドが待っていますので、
現在の相場は"我慢の時期"です。

適宜にシステムを止めることもカワセはありますが、
現在の状況からは、もう少しこのまま様子見しようと思います。

---------------------------------------------
1月の成績集計は、
1月は月利+52.41%でした。
で紹介しております。

fx-onへのランクインは、
fx-onにランクインしました。
で紹介しております。

当システムの含み損については、
含み損が膨らみません。
で紹介しております。

当システムの性格は、
SCH-Trend systemの詳細
で紹介しております。

当システムの概要は、
+400pipsを獲得しました。
で紹介しております。

当システムが負けた記事は、
-79pipsの負けでした。
や、
2連敗しました。
で紹介しております。

週をまたぐポジションについては、
現在も200pipsの利が乗っています。
で紹介しております。

---------------------------------------------

SCH-Trend system現在の状況

2014年02月21日(金)

私のオリジナル手法:SCH-Trend systemについてです。

実績の推移はmyfxbookで確認できます。

SCH-Trend system
     ※リアルタイム成績は画像クリックで確認できます。

煮え切らない状態が続いていますね。
昨日持った売りのポジションは、一時100pips程の利益を持っていたのですが、
わずかの時間で急転してしまっています。
その後もほぼトレンドの出にくい状態が続いています。

20140221.png

実は先日、ロジックを微妙に入れ替えました。
結果、現在はリスクヘッジのため両建てにて現在の相場をやり過ごしている状態です。

今後どちらかにブレイクすれば、片方のポジションは決済…
というような方向で進めようと考えています。

---------------------------------------------
1月の成績集計は、
1月は月利+52.41%でした。
で紹介しております。

fx-onへのランクインは、
fx-onにランクインしました。
で紹介しております。

当システムの含み損については、
含み損が膨らみません。
で紹介しております。

当システムの性格は、
SCH-Trend systemの詳細
で紹介しております。

当システムの概要は、
+400pipsを獲得しました。
で紹介しております。

当システムが負けた記事は、
-79pipsの負けでした。
や、
2連敗しました。
で紹介しております。

週をまたぐポジションについては、
現在も200pipsの利が乗っています。
で紹介しております。

---------------------------------------------

連敗中です。

2014年02月20日(木)

私のオリジナル手法:SCH-Trend systemについてです。

実績の推移はmyfxbookで確認できます。

SCH-Trend system
     ※リアルタイム成績は画像クリックで確認できます。

最近の風邪と歳って本当にコワイです。
治ったと思ったのに、またぶり返していました。
もしご心配下さっていた方がいらしたらすみません。もう大丈夫です(^^ゞ

さて、当サイトで紹介しているSCH-Trend systemですが、
現在激しく負けこんでいますでいて、その負け方も結構派手です。
現在5連敗中であり、ドローダウンの幅は-400pipsです。

流石に気分の良いものではありませんが、隠すのも嫌ですし、
何より、短期的に一喜一憂するようなシステムでもありませんので、
淡々とトレードするのみですね。

まぁ見てて下さい。

カーブフィットを極限まで低減したそのロジックは、
必ずこのドローダウンを脱しますので(^_^v

ちなみに現在の保有ポジションは、80pipsほどの含み益を持っています。

---------------------------------------------
1月の成績集計は、
1月は月利+52.41%でした。
で紹介しております。

fx-onへのランクインは、
fx-onにランクインしました。
で紹介しております。

当システムの含み損については、
含み損が膨らみません。
で紹介しております。

当システムの性格は、
SCH-Trend systemの詳細
で紹介しております。

当システムの概要は、
+400pipsを獲得しました。
で紹介しております。

当システムが負けた記事は、
-79pipsの負けでした。
や、
2連敗しました。
で紹介しております。

週をまたぐポジションについては、
現在も200pipsの利が乗っています。
で紹介しております。

---------------------------------------------

大きく負けました

2014年02月18日(火)

私のオリジナル手法:SCH-Trend systemについてです。

実績の推移はmyfxbookで確認できます。

SCH-Trend system
     ※リアルタイム成績は画像クリックで確認できます。

まずは、サイトの更新が長らく停滞してすみません。
風邪をこじらせてダウンしていました(汗)

そんな本調子でないなかでポジションを持ってしまい、
先ほど起きたら-150pipsのマイナス(OДO)!!
一気に風邪も吹き飛んでしまったような気がします(^^ゞ

トレードには精神も必要だと改めて感じさせる、そんな出来事でした。

…とは言え、大きな波を取りに行くSCH-Trend systemは、
負けもこなしながらトータルで利益を残すことを目的としていますので、
今後もルールに基づいて淡々とトレードしていこうと思いますね。

---------------------------------------------
1月の成績集計は、
1月は月利+52.41%でした。
で紹介しております。

fx-onへのランクインは、
fx-onにランクインしました。
で紹介しております。

当システムの含み損については、
含み損が膨らみません。
で紹介しております。

当システムの性格は、
SCH-Trend systemの詳細
で紹介しております。

当システムの概要は、
+400pipsを獲得しました。
で紹介しております。

当システムが負けた記事は、
-79pipsの負けでした。
や、
2連敗しました。
で紹介しております。

週をまたぐポジションについては、
現在も200pipsの利が乗っています。
で紹介しております。

---------------------------------------------

バックテストが出来ない?

2014年02月15日(土)

巷で騒動になっているMeta Traderのバージョンアップについてです。
Build600(2014/2/14時点でBuild610)にバージョンアップされ、
大きな変更と言えば、EAの格納場所が従来から変更になりました。

MetaQuotes社は何も問題ないと言っているようですが、
当方のMT4で一部EAのバックテストが何故かできません。

出来る場合もあるのですが、不整合チャートエラーが数万という数字になります。
また、EAによってはバックテスト途中でMT4が落ちてしまいます。

過去為替データの取得にPeriod_converterというex4を使っていますが、
当方のMT4(とりあえずFXDD)では正常に動作しません。

このような事は初めてで試行錯誤に今日丸一日を費やしています。

ネット上では特にそのような問題も報告されていないようなので、
私の技術不足やイージーミスという恥ずかしい結果かもしれませんが、
問題が解決されたら一応この場で報告させていただきますね。

それにしても本当に困りました。

今週一週間のおさらいです。

2014年02月14日(金)

私のオリジナル手法:SCH-Trend systemについてです。

実績の推移はmyfxbookで確認できます。

SCH-Trend system
     ※リアルタイム成績は画像クリックで確認できます。

100万円の資金に対して1ヶ月半ほどで165万円ほどになっています。

しばらくSCH-Trendシステムの記事を書いていませんでしたね。
ちょっとこの1週間の動きをおさらいします。

実は先週金曜~月曜までシステムを止めていました。
ちょっとリスクのある相場だったからです。

その間の-152pipsと+61pipsのトレードをスルーして、
2月10日からシステムの稼働を開始しています。

結果は、1勝2敗で下記の通りです。
 2/10・・・-2.0pips
 2/11・・・+158.4pips
 2/12・・・-43.0pips

順調に利大損小のロジックを発揮しています。
現在のショート保有ポジションは-30pipsほどですが、
状況によっては、またシステムを止める事もあります。

システムトレードですが、裁量で適宜に停止などの処置を行うのが、
このSCH-Trend systemの特徴です。

---------------------------------------------
1月の成績集計は、
1月は月利+52.41%でした。
で紹介しております。

fx-onへのランクインは、
fx-onにランクインしました。
で紹介しております。

当システムの含み損については、
含み損が膨らみません。
で紹介しております。

当システムの性格は、
SCH-Trend systemの詳細
で紹介しております。

当システムの概要は、
+400pipsを獲得しました。
で紹介しております。

当システムが負けた記事は、
-79pipsの負けでした。
や、
2連敗しました。
で紹介しております。

週をまたぐポジションについては、
現在も200pipsの利が乗っています。
で紹介しております。

---------------------------------------------

V2の最適ロット数は?

2014年02月13日(木)

今日はカワセも愛用しているWhite Bearについての紹介です。
高性能スキャルピングEAであり、
高い勝率で利益を積み重ねていく姿は本当に素晴らしいの一言です。

損切りがあるものの、ドローダウン幅は限定されていて、
運用ロットは比較的決めやすい部類に入ります。

前々回の記事前回の記事でのバックテストを通して、
最も資金効率の良いロットの振り分けは何か検討してきました。
WhiteBearのみで運用するよりBrownBearも使った方が、
最大ドローダウンが少なく効率が良さそうでしたね。

各最大同時に4ロットずつ持てますので、
同時に持てるロット数を増やした条件としてみましょう。
早速、下記はドローダウンを$3000に合わせた表です。

  WhiteBear
ポジション数
BrownBear
ポジション数
獲得収益 最大
ドローダウン
PF
WhiteBear×3
BrownBear×3
0.48Lot
 ×3Pまで
0.48Lot
 ×3Pまで
$67169 $-2950.1 2.13
WhiteBear×4
BrownBear×4
0.45Lot
 ×4Pまで
0.45Lot
 ×4Pまで
$76192 $-2952.9 2.32
WhiteBear×4
BrownBear×3
0.44Lot
 ×4Pまで
0.44Lot
 ×3Pまで
$76917 $-2982.3 2.28
         ※「1Pまで」=「同時に1ポジションまで保有できる」

このような結果になりました。
各3ポジション持つ振り分けより、
各4ポジション持つ振り分けの方が獲得収益が大きいですが、
それよりも、4ポジションと3ポジションの条件とした方が、
トータルの獲得収益は高いです。

以上よりV2を動かす時は、

「WhiteBear同時4ポジションまで、BrownBear同時3ポジションまで」
という条件が、資金効率という面だけで見れば一番効率が良いと言えます。

但し、Lot数の振り分けをWhiteとBrownで異ならせるなどして、
より資金効率の高い組み合わせは無限に広がります。

以上、3回に渡ってV2の運用ロットの決め方について解説してきました。
まとめると下記のような感じでしょうか

 ・EAの運用ロットの決定は、ドローダウンを基に決める。
  決める目安は獲得収益に一番に目を向ける。
 ・プロフィットファクターが良いからと言って
  必ずしも良い条件とは限らない。
 ・良いシステムと良くないシステムが2つあっても、
  良い方にLotを注ぎ込むより悪い方と分散させた方が、
  結果的に資金効率が高いことがある。

以上はカワセのロットの決め方の序章を述べたまでです。
本当はもう少し多角的な視点からシステムを見てロットを決めるのですが、
それについては、また時期を見てお話しさせていただきますね。


ドローダウンを基準に成績を比較

2014年02月12日(水)

今日はカワセも愛用しているWhite Bearについての紹介です。
高性能スキャルピングEAであり、
高い勝率で利益を積み重ねていく姿は本当に素晴らしいの一言です。

損切りがあるものの、ドローダウン幅は限定されていて、
運用ロットは比較的決めやすい部類に入ります。

前回の記事でBrownBearのみよりWhiteBearのみで運用した方が、
「資金効率が良さそうかも」というお話しをしました。

そこで今度は、合計Lot数が4個とした場合で、
下記のようにバックテストを行って比較してみましょう。
尚、前回同様バックテスト期間は2012年1月~2014年1月です。

  WhiteBear
ポジション数
BrownBear
ポジション数
獲得収益 最大
ドローダウン
PF
WhiteBear×4 0.1Lot
 ×4Pまで
0 $2289.2 $-345.3 2.74
BrownBear×4 0 0.1Lot
 ×4Pまで
$2105.3 $-897.1 1.89
White×2,Brown×2 0.1Lot
 ×2Pまで
0.1Lot
 ×2Pまで
$2905.3 $-402.4 2.17
         ※「1Pまで」=「同時に1ポジションまで保有できる」

「同時に持てるポジションは4つまで」という条件で合わせた形です。
BrownBear×4よりWhiteBear×4の成績が良いですが、
それよりも各2ポジションずつに振り分けた方が、
更に獲得収益は高い結果になりました。

しかし、WhiteBear×4は最大ドローダウンが小さいですね。
そこで、リスクの足並みを揃えるという事で、
前回同様、ここの数値が$3000になるようにしてみましょう。

  WhiteBear
ポジション数
BrownBear
ポジション数
獲得収益 最大
ドローダウン
PF
WhiteBear×4 0.86Lot
 ×4Pまで
0 $42350 $-2969.7 2.74
BrownBear×4 0 0.33Lot
 ×4Pまで
$38948 $-2960.4 1.89
White×2,Brown×2 0.74Lot
 ×2Pまで
0.74Lot
 ×2Pまで
$53748 $-2977.8 2.17
         ※「1Pまで」=「同時に1ポジションまで保有できる」

プロフィットファクターについてはWhiteBearが一番良いですが、
総合獲得収益では、 各2個ずつに分散した方が高い結果です。

このように、一見WhiteBearのみにロットをつぎ込んだ方が
資金効率が良さそうに見えることがある事があります…

ですが実際に計算すると、両方同時に走らせた方が
より高い収益を期待できる結果になることがしばしばあります。

それでは次の記事でいよいよこの条件での運用ロットを決めてみましょう。


ドローダウンを基準にバックテスト

2014年02月11日(火)

今日はカワセも愛用しているWhite Bearについての紹介です。
高性能スキャルピングEAであり、
高い勝率で利益を積み重ねていく姿は本当に素晴らしいの一言です。

損切りがあるものの、ドローダウン幅は限定されていて、
運用ロットは比較的決めやすい部類に入ります。

前回の記事で案内した通り、
「10000ドルで3000ドルまでのドローダウンを許容する」
…という条件でバックテストを行います。
この条件は
「100万円で30万円のドローダウンまで許容する」に近似できます。
尚、今回のロット数決定はWhite Bear v2を例に算出してみますね。

V2は、White bearモードとBrown Bearモードを搭載しており、
各々最大4ポジションまで持つことができます。
2012年1月~2014年1月でバックテストを行ってみましょう。
まずは、0.1Lot運用でバックテストしてみます。

 WhiteBearの
ポジション数
BrownBear
ポジション数
獲得収益最大
ドローダウン
PF
WhiteBearのみ0.1Lot
 ×1Pまで
0$1209$-161.932.94
BrownBearのみ00.1Lot
 ×1Pまで
$881.91$-238.211.56
         ※「1Pまで」=「同時に1ポジションまで保有できる」

WhiteBearは、勝てると判断された時に、
ポジションを最大4~5個まで増やすのが特徴ですが、
今回は同時保有ポジションは1個までとしてみました。

その結果、WhiteBearのみ0.1Lotでは、最大で-161.9ドルのドローダウン、
BrownBearのみでは、最大で-238.2ドルのドローダウンがありました。

この結果は0.1Lot運用の結果ですが、
ドローダウンを3000ドルまで許容するなら、もう少しロットを増やせます。

では、最大ドローダウンが一致するように、
ロットを増やした条件で見比べてみましょう。

 WhiteBearの
ポジション数
BrownBear
ポジション数
獲得収益最大
ドローダウン
PF
WhiteBearのみ1.85Lot
 ×1Pまで
0$22367$-2995.72.94
BrownBearのみ01.25Lot
 ×1Pまで
$16315$-2977.61.56

このように、30万円までのドローダウンを許容するなら、
WhiteBearのみなら2年間で22367ドルの収益が、
BrownBearのみなら2年間で16315ドルの収益が期待できます。

プロフィットファクターもWhiteBearのみの方が良いので、
「White Bearのみで運用すれば良いのでは!?」と思いますね。

次回の記事では、
もうちょっと条件を広げて資金効率の良いロット条件を探してみましょう。

 SCH-Trend system


 究極トレンドフォローEA
       …ついに完成!
  このEAの特徴
  フォワードの実績
  SCHサインの有効性
  +800pips獲得したカラクリ

 GSP-FLOATING system


 2種の異なるトレンドフォロー
     ロジックを同梱搭載
  このEAの特徴
  フォワードの実績
 ------------------------------
  いつやるの!?
   ↓↓↓↓
  「今」が来ました。
   ↓↓↓↓
  効率的に止めました。

 Bigboss

pepperstone撤退後、
徐々に使い始めています。


 Final Cash Back

カワセの口座、半数コレです。
  解説はコチラ

 稼働のための環境

お持ちですか?24時間の環境を。
  解説はコチラ
 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。