SCH GSP EA

カワセ係長のEA 公式サイト

 プロフィール

カワセ係長

Author:カワセ係長
独自手法でトレードしながら、EAによる資産運用を行っております。当サイトでは私の開発したEAをメインで紹介致しております。

 カテゴリ

 月別アーカイブ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブローカー間での成績差異

2015年08月07日(金)

私のEA:SCH-Trend systemですが、
ブローカー間で成績差異があることが改めて分かりました。

http://kawasemt4ea.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

私のEAに限った話ではありませんが、
ブローカーによって成績に差異が出る事…

これは自動売買EAの本質的な問題でしょう。

ブローカーや稼働環境によって、
レートに違いが出るのは避けられないリスクです。

レートが異なれば、
テクニカルの計算に差異が出ますからね。

結果として、EntryやExitに差異が出てしまいます。


で、これに対するリスクヘッジ方法は、
『複数のブローカーで運用すること』が、やはり一番有効です。


同じEAであっても、
更に複数のブローカーで分散して稼働する。


1つのブローカーに3Lotsではなく、
3つのブローカーに1Lot/1Lot/1Lot・・・

単純でありながら、確実なリスクヘッジ方法です。


ですが問題が1つ。

EAを購入いただいても、
原則として1つの口座でしか使えませんよね。

3つの口座でヘッジしたいからと言って、
3つも同じEAを買うのは大変です。

これに対し、
次の記事で1つの解を示します。

スポンサーサイト

SCH-Trend system 7月度の成績

2015年08月01日(土)

今月もパッとした動きの少なかったポン円でした。
SCH-Trend systemの2015年7月度成績です。

SCH20150801.png


2015年7月度成績は、、、

 1万4553円の利益

 獲得pipsは+48.5pips

 月利+1.4%
 (100万円の資金が101.4万円に)

・・・となりました。


SCH-Trend system、2年目スタートの節目です。

これを期に、EAの成績集計方法を少し変更しようと思います。
それは、複数ブローカー結果の集計平均化です。

下記の集計結果をご覧下さい。

 bigboss         -32.7pips
 外為ファイネスト    +218.5pips
 Titan FX         +353.7pips
 FX Pro         -345pips
 AVG(平均)       +48.5pips



上記はいずれも2015年7月度の実際の運用成績です。
(バックテストではなく、リアル口座の結果です)

このように、各社でバラつきが見られるのですが、
特に、fx-on稼働中であるFX Proの悪さが顕著です。

実際のエントリーチャートを見ていると
確かにサインの出るタイミングが微妙に異なっており、
「今回発生した差異=FX Proはダメ」という結果を
結論付けられるものではございません。

要は、「FX-Proだけが良い」という、
逆の結果も十分にあり得た訳です。


ブローカー間の差異に対する明確な答えは示せません。
カバー先も異なればその数も異なり、配信レートが各社異なります。

しかし、
そのレート差が与える、
EAに対する影響の理論化は不可能だからです。

これに対し、
SCH-Trend systemの2年目は、
複数ブローカーでの結果合算報告に、
改めさせていただこうかと思っています。
(労力が半端なく、続くか分かりませんが・・・(^^ゞ)

稼働ブローカーについては、
今後、もう少し増やしていこうと思います!

SCH-Trend system 1年間のまとめ

2015年07月04日(土)

fx-onでのフォワード開始より1年が経過しました。

SCH-Trend systemです。


1年間の総まとめをしましょう。

SCH_20150630-3.png


【2014年7月~2015年6月】

 総収益=+715,440円
 プロフィットファクター=1.26
 勝率=37.50%
 月ごとの勝率=10勝2敗(負けは:1月と6月)
 総トレード数=273トレード



SCH-Trend systemの6月度成績で言及しましたが、
ギリシャ問題による6月の連敗と大損切りが、大変厳しい結果でした。


次に、バックテストの結果をおさらいしましょう。

SCH_20150704.png


【2007年1月~2014年6月(販売前期間)】

 総収益=+5,274,264円(90ヶ月)
   ⇒1年あたり平均は、+703,235円(12ヶ月)
 プロフィットファクター=1.25
 勝率=35.04%
 総トレード数=2,151トレード(90ヶ月)
   ⇒1年あたり平均は、287トレード(12ヶ月)



得られた1年間の総収益が、
  販売前バックテスト:+703,235円(1年間平均)
  販売後フォワード:+715,440円(1年間実績)


・・・となり、その他PFや勝率などの値につきましても、
販売前バックテストでの期待値通りとなりました。


稼げる時にガッツリ稼ぎ、合わない時期はフラット期間、
ドローダウンもバックテスト想定の範囲内で発生し、
EAの実力がそのまま出た一年間だったのではないかな?
・・・と思っています。


ここ最近は不調が続いていますが、
ここからの巻き返しに期待したい所です。

-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------

SCH-Trend system 6月度の成績

2015年07月01日(水)

ただただ完敗でした。

SCH-Trend systemの6月度成績です。

SCH_20150630-3.png

SCH_20150630-4.png


 -24万5987円の損失

 獲得pipsは-820pips

 月利-24.6%
 (100万円の資金が75万4千円に)

・・・となりました。


ギリシャの動向にひたすら振り回された6月でした。
下記は6月度のGBPJPYチャートです。

20150630_1.png

【6月前半】

チャートの前半の6月10日くらいまでは、
僅かな上昇トレンドの中で買いポジションを中心に
コツコツと利益を積んでいました。

しかし、
オレンジ枠の急激な上下動ローソク足で、
一気にやられました。
連続損切りを喫し、全く対処できませんでした。



【6月中旬】
その後、水色ラインで区切った期間の6月中旬です。
この間は割と綺麗に上昇トレンドが発生しました。

効率的とは言い切れませんが、
この期間に一気に10万円程度、300pips以上を稼ぎました。

そして、水色線を超え、6月下旬を迎えます。


【6月下旬】
市場参加者の関心はギリシャにクローズアップされ、
その何とも言えないモヤモヤした経緯が、
そのままチャートに現れ続けました。

ローソク足にヒゲを生じながらも、
何ともどっちつかずなレンジ状態を形成。

意識していたラインが上下にあり、
ギリシャの動向もはっきりしないので、
このレンジ化は市場参加者の気持ちを如実に示していました。

そして、ギリシャへの財政支援延長拒否。

月曜の窓開けがとどめとなりました。
持っていたロングが-240pipsの大損切りとなり、
大きなドローダウンを記録しました。



口座資金は170万円前半まで目減りしており、
相場は尚、迷っているように見えます。

ユーロは開いた窓がその日のうちに閉じてしまい、
方向感が全くありません。

20150630_3.png


4月から続いていた上昇トレンドは終焉。
ここから先は、底値を試しにいくことを想定しておきます。

跳ね返されていますね。

2015年06月25日(木)

こんにちは、
カワセ係長です^^

ギリシャ債務問題が”とりあえずは”一服。

一方でポンド円は、
上昇トレンドの一旦の終了が見え隠れしています。

20150625.png

今週初めに引いたラインですが、、、
http://kawasemt4ea.blog.fc2.com/blog-entry-193.html

昨日は195.82円付近で明確に跳ね返され、
今日は黄緑色の上昇トレンドラインに跳ね返されました。

相場に勢いがなくなっていますね。
相場参加者のフラストレーションが感じられます。

どちらか方向へのブレイクも想定に入れておきましょう。


※「カワセ係長の無料メルマガ」では、
更に踏み込んだ解説なんかも行っております(^^ゞ

メルマガ登録ページはコチラです^^

 SCH-Trend system


 究極トレンドフォローEA
       …ついに完成!
  このEAの特徴
  フォワードの実績
  SCHサインの有効性
  +800pips獲得したカラクリ

 GSP-FLOATING system


 2種の異なるトレンドフォロー
     ロジックを同梱搭載
  このEAの特徴
  フォワードの実績
 ------------------------------
  いつやるの!?
   ↓↓↓↓
  「今」が来ました。
   ↓↓↓↓
  効率的に止めました。

 Bigboss

pepperstone撤退後、
徐々に使い始めています。


 Final Cash Back

カワセの口座、半数コレです。
  解説はコチラ

 稼働のための環境

お持ちですか?24時間の環境を。
  解説はコチラ
 
ノキシジル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。